2010/8/30 月曜日

人生で最大の買い物は?

こんにちは、友井です。

早いもので8月ももうすぐ終わりますね。

 

himawari.jpg

子供時代、

この時期は夏休みの宿題に追われていたのを思い出します。

1ヶ月分の日記を、1日で書いたこともあったような…

全て思い出せるわけもなく、

空想で、物語をつくっているような感覚でした。

毎日少しずつやれば楽だったのに…

まるで成長していない…

子供のころの苦い?思い出です。 

 

「人生最大の買い物は?」

 

タイトルにもあるように、

どこかで耳にしたことのある質問だと思います。

答えは何だと思いますか?

      ・

      ・

      ・

      ・

       ・

1198158280063.jpg「そうだね、プロテインだね」

 

…冗談はこのくらいにしておきまして、

「そんなん家じゃないの、友井さん。」

と思った方、

半分正解です。

他にも、高級スポーツカーや宝石いろいろあると思いますが、

家・住宅と思われた方が多いと思います。(とりあえず家とさせてください。)

 

なぜ半分正解か、といいますと、

住宅を購入するときにほとんどの方が利用される

「住宅ローン」

の方が高くなる場合が多いからです。

 

例えば、

2,000万円の家を建てるのに、

1,500万円借入したとします。

3%の固定金利で、

35年返済(元利均等返済)した場合、

総返済額は、

2,425万円となります。

自己資金で支払った500万円と合わせると、

総額2,925万円で家を建てたことになるのです。

 

住宅ローンには様々な種類があり、

ローンの選び方次第では

総支払額に100万円以上の差が出ることもあります。

 

なので、

家づくりを検討中で、

住宅ローンを利用しようと思っている方は

事前の資金計画もしっかり考えてくださいね。

 

各金融機関の窓口でもローン相談を行っています。

そういう場所は敷居が高くてちょっと…

という方は、

http://www.flat35.com/simulation/index.html

で簡単なシミュレーションもできます。

ぜひ、ご参照ください。

 

  

.jpg 友井 裕介

「失敗しない住宅ローンの選び方」を知りたい方は、

tomoi@nojima-k.jp まで。 

みらーれ展示場でも、資金計画のアドバイスをしています。

「住宅ローンについて教えて」と、気軽に声をかけてください。

 

 

2010/8/20 金曜日

快眠のススメ

Filed under: 家づくりアドバイザー友井,住環境 — nojima @ 11:09:20

こんにちは、友井です。 

 

暑い暑いが口癖になって、

1ヶ月が経ちました。

皆さん、体調いかがですか? 

朝体がだるかったり…

疲れが取れていない気がしたり…

 

自分もそうだったのですが、

睡眠の仕方が原因で、

夏、体調を崩す人が多いそうです。

 

そんな方のために、今回は

「快眠のススメ2010夏」

をご紹介します。

 IP08_A40.jpg

 

涼しく快適に眠るためには、

寝具、人間の体、寝室環境の3つの要素が必要になります。

 

まず寝具。

夏の寝具は、汗を吸って風通しの良い素材を選んでください。

枕であれば、ソバ殻。

風通しがよく、吸湿性に優れ夏向きです。

アジアでは陶器や籐(とう)、竹の枕などが使われてきましたが、

暑いときに頭を冷やすのは昔からの知恵です。

 

シーツは麻の素材のものに替えると涼しく感じられます。

マットレスの上に敷くひんやりとした感触のジェルマットなどもありますが、

汗を吸わない、20~30分で体温と同じ温度になる、

といった欠点もあります。

 

続いて、人間の体。

人間の体は「体内時計」の作用で、

昼間は活動に適した体温を保ち、夜になると体温が1度ほど下がります。

つまり体温が下がらないと、眠くならないという仕組みになっています。

 

麻のパジャマや、薄い布団に替えるのは体温を下げるのに効果的です。

裸で寝るのは汗を吸わないので逆効果です。

夏用のタオルケットを使う人も多いと思いますが、

ぴったりと体にまとわりつく素材は

逆に暑く感じることもあるので注意しましょう。

 

熱い風呂に入ると体温を上げて、

交感神経を活発にしてしまいます。

寝る直前ではなく、

できれば早い時間に、ぬるめの風呂に入りましょう。

 

最後に寝室環境です。

睡眠環境としては室温20~26度、湿度50~60%が望ましいとされています。

扇風機で気流を作るのもいいですが、28度を超えると効果が薄いです。 

そんな時はエアコンを上手に利用しましょう。

 

エアコンの注意点は、

体に直接風を当てない、

朝までつけっぱなしにしないことです。

体が冷えると、体温を上げるために

エネルギーを使い続けます。

これが、朝起きると体がだるい、

疲れが取れない原因になります。

タイマーを利用して、

体温が急激に下がる、睡眠2時間後まで可動、

朝暑くて目が覚める方は、明け方から再可動させましょう。

 

 

以上が快眠のススメです。

私も、いくつか実行して、

かなり快適に眠れるようになり、体調も改善されました。

寝苦しい夜にお悩みの方、

ぜひご参考に。

 

.jpg友井 裕介

先日、住まわれて8ヶ月目のお客様の家を訪問いたしました。

エアコン27℃設定で十分涼しいとお伺いしました。

住宅の構造も、快眠のために役立っているなと改めて感じました。

エアコン27℃設定で十分涼しい秘密はこちら

 

 

2010/8/6 金曜日

実際に見てみることの大切さ

Filed under: 家づくりアドバイザー友井 — nojima @ 19:10:29

こんにちは、友井です。

久しぶりの更新になります。

HPの施工写真やニュースは更新していましたが、

ブログはご無沙汰でした。

 

相変わらず暑い日が続きますね。

ピロシキで有名なロシアですが、

この夏、水の事故で約1600人の方が亡くなっております。

あまりの暑さのため

ビールやウォッカを飲んで酔っ払った状態にもかかわらず

海や湖に飛び込んでしまったのが原因と言われております。

海水浴、キャンプやBBQを予定されている皆さん、

くれぐれもお気を付けください。

DSCN0958_R.JPG 7/31野島建設・まごころの会BBQ風景(この後、雨が降りました・・・)

 

 

便利な世の中になりまして、

インターネットを使えば、

様々な情報を、

知りたいときに、

ほとんど無料で、

手に入れることもできます。

 

買い物もできます。

全国のおいしいものも気軽に注文できます。

家から一歩も出ずに、

指先を数回動かすだけで、

世界中のいろんなものが、

家まで届きます。

 

自分も

よくインターネットで買い物をします。

いろいろな情報を調べます。

 

今日のタイトル

「実際に見てみることの大切さ」

 

これは

最近の自分に対する、

反省の言葉でもあります。

 

インターネットを使うことで

買いに行く手間、

そこまで行くための時間、

悩む時間、

確かに減りましたが、

感動することも同時に減った気がします。

  

見てみる

触ってみる

匂いをかいでみる

食べてみる

聴いてみる

自分の五感を使って、

自分の価値・判断で

何かを選ぶことが少なくなっているなと

最近感じます。

 

便利さの陰で、 

他人の価値・判断、

広告の宣伝文句に流されすぎないよう、

多少時間がかかっても 

実際に見てみることを大切にしていきたい

そう思う今日この頃でした。

 

.jpg友井 裕介

 

住宅も、

インターネット、

カタログ・施工写真

モデルハウスだけでなく

実際にお住まいされる住宅を見ることをおススメします。

 

タイミングの良いことに

明日・明後日(8/7・8)の二日間限定ですが

完成見学会を開催します。

今すぐ建てる予定はない方も、

気軽にご参加ください。

詳しくはhttp://www.nojima-k.jp/news/details_173.htmlをクリック!

img-805140436-0001.jpg